【DVD】東京少年  

d0057574_22211520.jpg▼状況
レンタルDVDにて
▼動機
東京少女の鑑賞前に・・・
▼感想
100分間堀北真希がたった一人で魅せる映画
▼満足度
★★★★★★☆ いいかも

▼あらすじ
9歳のころに交通事故で両親を亡くし、祖母と暮らすみなと(堀北真希)には同い年の男の子でナイト(堀北真希)という文通相手がいた。彼女は一度も会ったことのない彼に、アルバイト先で知り合った浪人生シュウ(石田卓也)への恋心を打ち明ける。やがて2人は初デートの日を迎えるが、その途中でみなとは意識を失ってしまう。




▼コメント
この映画は、100分間堀北真希がたった一人で魅せる映画。

これ以上ない賛辞を堀北真希へ送りたい。

d0057574_22231474.jpg
堀北真希は確かに美人でスタイルもよく、なんとなく育ちもよさそうなイメージがある。
ただ「女優」というカテゴライズで括ってしまうと、どうしても「演技力」というか「表現力」にかける部分が感じられていた。
見ていて危なっかしい女優。
それがこの映画を観るまでの私の知っている「堀北真希」だったのだが・・・

まさか堀北真希に魅せられるとは思ってもみなかった。。

一時、映画館に行けばいつでも堀北真希に会えると思えるくらい積極的に映画に出演し、その合間にテレビドラマにも積極的にも出演した事で、徐々に力をつけてきたということだろうか。それとも、懐かしい古巣(プロデューサーが「ケータイ刑事シリーズ」の丹羽多聞アンドリウ)に帰ってきた事で、何か得るものがあったのだろうか。

とにかく、この映画を観たことで今までの堀北真希像を再構築する必要が出てきた気がする。

d0057574_2224318.jpg
映画はカットバックを使って、みなと、シュウ、ナイトの三人の視点から、
一つの物語をのぞく作り。
そのうち二つが堀北真希のもちパート。
片方は女性、片方は男性。
そこに違和感はない。全く。

そもそも役者の演技力に頼る部分が多い多重人格物の主演に堀北真希に持ってきた時点で、映画のスタッフは堀北真希と心中するつもりだったのだろう。もしくは、確実にうまくいくという確証があったか。
その期待を一身に背負い、おそらくは今までキャリアで最高の仕事をしたと思われる堀北真希。

なんだかこのスピードで成長していくと、誰もが驚くような形で思いのほか早い時期に我々の前から消え去ってしまいそうな、そんな気配を感じ、今後の堀北真希から目が離せなくなってしまった。


≪追記するコーナー≫
というか、こちらが本当の映画の感想・・・になる疑惑。
d0057574_22283156.jpg
一つの物語を三分割している部分が多いので、
内容自体はそれほど盛り沢山ということはない。

カットバックを使用しての視点切り替えは結構好きな手法で、その時にそうだと思ったことが、実はこうでしたとわかる瞬間がなんともたまらない。しかし基本的にこの物語は「その間にどうなっているか」が容易に想像できてしまうため、そういう意味では面白みがない。
しかし間に行われているのは殆どの場合「人格の交代」で、それを巧みに見せることでこの映画は成り立っている。

特にメイクを変えることなく全くの別人に見えるみなととナイト。
堀北真希はいったいナイトに誰のイメージを重ねたのだろうか。
ナイトでいるときの堀北真希は確かに男のように見えた。

みなととナイトで繰り返される「どうして神様は人間の心を~」の台詞が、全く同じ台詞であるにも関わらずぜんぜん違った内容に聞こえたのが印象的だった。
決してみなとに会うことの出来ないナイトが、同じ姿をもつ自分に口づけするシーンがとても悲しかった。
「男の体が欲しかったな・・・」というナイトの言葉がやけに心に響いた。

ところで、この映画「東京少年」というタイトルだが、景色が東京のそれには見えなかった。都会都会でビルばかりというイメージだった東京にもこれほど豊かな景色が存在しているのかと、ちょっとだけ驚いた。
※ロケ地に東京郊外の地名がズラリだったのはご愛嬌


≪追記するコーナー≫
で昨日、堀北真希がハリウッド映画に主演するらしいニュースを見た。
この生き急ぎ感に物凄く不安を覚えたのは言うまでもない。
※競演は松山ケンイチらしい。山崎務と成海璃子と堤真一もつけるから「Answer」とかやってほしいな♪


▼対象
堀北真希が好きな人、堀北真希が嫌いな人、堀北真希の女優スキルに疑問を持つ人など、
堀北真希が少しでも気になっている人
▼見所
100分間ずっと堀北真希
[PR]

by unknown0083 | 2008-11-26 22:29 | 映画

<< 【DVD】東京少女 【GNO2】25Day サイド... >>