【映画】日本インターネット映画大賞投票 日本映画編  

先日、日本インターネット映画大賞様より投票依頼を頂いた。

d0057574_22243680.jpgオファーがあることは大変ありがたいことなので、去年に引き続き、今年も参加させて頂くことに。
見たかった映画の全てを見たわけではないが、現状で精一杯の投票。

こちらはその日本映画部門。




[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「ブタがいた教室  」 10点
  「百万円と苦虫女  」  5点
  「うた魂♪     」  5点
  「ハッピーフライト 」  5点
  「歩いても 歩いても」  5点
【コメント】
他人にお奨めしたい映画という観点からの選択。
捨てがたい映画も沢山あったが、点数の分散を嫌って最小限の5本を選択。
今年は「印象に残った映画」と「印象に残った役者」が一致しないのも特徴かもしれない。

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [内田けんじ   ] (「アフタースクール」)
【コメント】
とても面白かったのに作品賞に入れられなかったのでせめてこっちに、という感じ。
「脚本賞」もあれば二冠という感じで。

【主演男優賞】
   [本木雅弘    ] (「おくりびと」)
【コメント】
江口洋介(闇の子供たち)と悩んでの投票。
一応、スタンダードなほうに投票することに。

【主演女優賞】
   [堀北真希    ] (「東京少年」)
【コメント】
堀北真希の演技を初めて上手いと思った。
蒼井優(百万円と苦虫女)と悩んでの投票。

【助演男優賞】
   [堤真一     ] (「容疑者Xの献身」)
【コメント】
役柄的には主役だと思うがクレジット上は助演のポジションらしいので。

【助演女優賞】
   [松雪泰子    ] (「デトロイト・メタル・シティ」)
【コメント】
この映画を面白くしていたのは松雪泰子に間違いなし。
もう二度と見られないだろうブッこわれ演技に拍手。

【新人賞】
   [藤本七海    ] (「子猫の涙」)
【コメント】
あの軽快なナレーション技術も考慮しての投票。
最終的に彼女たった一人でこの映画を面白くしていたような印象がある。

【音楽賞】
  「砂時計     」
【コメント】
たぶんそういう賞じゃないと思うが、主題歌「帰りたくなったよ」だけで投票。

-----------------------------------------------------------------

【残念賞】
  「陰日向に咲く」
【コメント】
見ながら「もういいかな・・・」って思ったのは初めてかもしれない。
まあ、もう、ホントにこういうのやめてください。

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
-----------------------------------------------------------------

[PR]

by unknown0083 | 2009-01-04 22:20 | 映画 雑記

<< 【映画】日本インターネット映画... 【GNO2】FG通信 褒章機配布編 >>