【映画】昴-スバル-  

d0057574_22264560.jpg▼動機
史上空前の大駄作を鑑賞しに
▼感想
思っていたのとは違う意味でのダメ作品
▼満足度
☆☆☆☆☆☆☆ あきれた

▼あらすじ
大筋は原作に沿った形で、原作とは随分と違うものを作ってきたなという印象なのだが、このフィルムにはあらすじなんていうものはあんまり存在しないんじゃないかなっと思わしきところが多々あるため、今回はあらすじを書くところから放棄しようと思ったが、一応主演っぽいことになっているのは黒木メイサであることだけは明記しておく。




▼コメント
「昴」が連載されている時代に「蒼井優」がいる事は奇跡である。
と、私は思う。

原作読者の立場から言えば、この役はどう考えても蒼井優のもので、正直なところ、他の誰かがどーこー出来るような役じゃない。
だから正直、彼女以外の女優が「すばる」を演じるのは許せないのだが・・・

はい。
正直、文句を言いたくて観に行きました。
観ないでいう文句より観て言う文句。
うん。合理的。無駄がない。

というわけで、以上で言いたいことの半分以上は言ったので後はだらりと文句のコーナー。


d0057574_22331683.jpg
1.バレエシーンがダメ。
バレエがメインの話なのにちゃんとしたバレエシーンはないのね。
ぶつ切りとロングばっかりで全然臨場感なし。
しかも「すばるの凄さにみんなひっぱられてる」なんて外からの解説のみで誤魔化しちゃったり。
そういうのを感じさせる演出って必要なんじゃない?
見ているこっちは全然感じられてないよ?

2.なんでストリートダンス?
で変わりにピックアップされてるのがストリートダンス。
むしろこっちの方がメインみたいな扱いで、主演女優もノリノリでダンス。
っていうかバカなの?
しかも「お前の勝ちだ」なんていってるけど、どーみたってプロの方が凄かった。

3.感情のない主演女優
感情表現がとにかく下手っぴな黒木メイサ。
逐一まわりの人物に状況を説明してもらわないと、主人公の感情が理解できない。
そんなのどーなの?
だからフィルム版「すばる」の行動には常に解説者が必要。
それは自分の力で魅せないとダメなんじゃない?

4.ちゃんとした日本語をカタコトで吐く外人
リズだっけ?カタコトでいいよ、外人って設定なんだし。 ※原作では日本人だった
台本がきちんとした日本語になってるからって、それをそのまま読んだら変でしょ?
途中から慣れたけど、最初は笑いこらえるのに必死だったよ。
っていうか、スタッフの誰か気付こうよ。

5.元凶は桃井かおり?
この作品で一番素晴らしい演技を見せたのは桃井かおり。
だが、作中の台詞を借りるならば
「お前が上手すぎて足をひっぱってる。大根役者と演技したことないだろ」
って感じになるらしい。
メインがみんな大根なんだから大根で来いってこと?
それって変なの。

6.東方神起?
5人だったから多分そうだと思うんだけど、なんでわざわざ登場?
プロモなの?
っていうかエンドロールでものすごい数の曲使われてたけど。
あとエイベックス系と思われる方々も同じく。
もしかして、このフィルム自体がエイベックス系のプロモなの?
じゃあ、私は何を観に行ったの?


d0057574_2233413.jpg
なんかもう書くことに飽きた。
そもそも、マジメに作られていないんで、マジメに書くのがバカバカしい。
というか、映画ですらないと思うな、コレ。
エイベックス系のプロモーションフィルムとか、そんな感じの代物だと思う。

「マジメに作っても面白くならないからいっそ・・・」とかそんな感じ?
もう少し映画っぽくなっていると思っていたので、思っていたのとは違う形でがっかりだ。
※というか、ちゃんとした映画としてダメ映画だったのなら、ある意味満足だったのだが。

d0057574_2243768.jpgd0057574_22425690.jpg
ま、最後に言いたいことを言わせてもらうならば、
原作の「昴」には続きがあり、現在「MOON -昴 ソリチュード スタンディング」とタイトルを代えて連載再開しているので、こちらは是非、蒼井優で作ってほしい。
で、このフィルムのことはすっかり忘れよう。

≪追記するコーナー≫
ビックコミックスピリッツ誌上の対談で原作者が
「漫画版」と「実写版」との関連性を、全力で否定していた意味が良くわかった。

▼状況
MOVIX伊勢崎にて無料鑑賞券で鑑賞
▼観客
4名(w)

▼対象
プロモーションビデオでもいいから見たいよって人
▼見所
黒猫がちょこちょこでてくるんだけど、その猫はかわいかった
[PR]

by unknown0083 | 2009-03-23 22:44 | 映画

<< 【日記】結果が来る 【映画】ヤッターマン >>