人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【映画】セントアンナの奇跡  

【映画】セントアンナの奇跡_d0057574_2364566.jpg▼動機
なんか良さそうな雰囲気
▼感想
見せ方にもう一工夫欲しかった
▼満足度
★★★☆☆☆☆ あんまり

▼あらすじ
1983年、平凡な黒人の郵便局員が客を射殺する不可解な事件が発生。この事件の背景には、第二次世界大戦中のイタリアでのとある出来事が隠されていた。黒人だけで組織された“バッファロー・ソルジャー”の4人の兵士は部隊からはぐれ、イタリア人の少年(マッテオ・シャボルディ)を保護する。4人はトスカーナの村でつかの間の平和を感じるが、ナチスの脅威はすぐそこまで迫っていた。




▼コメント
微妙すぎる・・・

見せ方が下手というかなんと言うか、お客さんの関心はそんなに長いこと引いていられないよ?っていう感じ。

現代の事件と過去の事件とのつながりがあまりにも薄すぎるので、私にはそこから殺意につながるところがピンと来なかった。
※これって、このシナリオとしては致命的

【映画】セントアンナの奇跡_d0057574_2382295.jpg【映画】セントアンナの奇跡_d0057574_2383037.jpg
結局、この監督が書きたかったのは「黒人部隊」と「虐殺」だけで、それ以外の部分はとりあえずいい話にしておこうという雰囲気で、取ってつけてみましたっという印象しか残らなかった。
※あとイタリアには黒人差別がない、とかね

見せるところを間違わなければもっと満足の得られるものになったと思うのだが、「奇跡」だの「眠る男」だの基本的にはどうでもいいようなところに主眼を置いてしまったために、おかしな物語になってしまったんじゃないかと想像。

なんかもっとステキな映画を期待していたのだが、中途半端に感動作風に仕上げられた、もっとも嫌いなタイプの映画だった。

≪追記するコーナー≫
タイトルに「奇跡」ってついている映画って、大抵大したことのないことを「奇跡」って呼んでいるけど、これはもしかしたら「漫画的展開」に慣れてしまっている日本人だからそう感じるだけで、外国ではこういうのを「奇跡」って言うのかもしれないな、っというお勉強にはなった。

▼状況
MOVIX伊勢崎にてサービスデー価格で鑑賞
▼観客
10名弱(エンドロールになったとたん大部分の人が退場・・・)

▼対象
さぁ?
▼見所
虐殺シーン・・・でもちょっと中途半端な感じもする・・・

by unknown0083 | 2009-08-06 20:40 | 映画

<< 【GNO2】23Day アフリ... 【日記】芸能界を思う >>