人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【日記】鹿男あをによしを見る  

【日記】鹿男あをによしを見る_d0057574_16171681.jpg多部未華子出演作という事で抑えてあったCX系のドラマ、「鹿男あをによし」をちょこちょこと見る。

これは正直言って面白い。

原作も知らずに見たので、
どんな内容なのかも、何が鹿男なのかも知らなかったが、見てみるとなかなかに、なるほどなっというお話だった。

下書きしていたらなんだか長くなったので、いったんここで切って、moreに隠すことに。




っと言うわけで改めて、
「鹿男あをによし」をちょこちょこと見る。

番組開始前の番宣番組を見た段階では、
綾瀬はるかの起用がどうなる事かと思ったのだが、
見てみたらキャラクター的には一番ハマっていたみたいで、
なんだか1話目から笑わせてもらった。
※主に佐々木蔵之介の翻訳に笑ったのだが

その他のキャスティングもこのドラマ用にあつらえたような布陣で、
鹿男も、小鹿ちゃんも、女狐も、鼠男も、誰も彼もがハマりすぎ。
もうそれだけで面白くて仕方ない。

というか、全体的に芸達者な役者がズラリと揃っているイメージ。
おそらく同クール内のドラマに比べて随分といいキャストが揃ってたんじゃないかな?
視聴率度外視で、しっかりとしたものを作ろうという気概が感じられるとこも、なんだかちょっといい。
※ジャニーズ系の人もいないし、アイドル系の人もいないし

しかしまあ、よく玉木宏に鹿男をやらせたなっと思うわけで。
動物に例えたら確かに鹿だしあの人。
ドラマ用にちょっと痩せてきた感じもして、なお鹿っぽい。
鹿せんべいをポリポリ食べる哀愁に思わず笑いがこみ上げてきた。

綾瀬はるかは狸だったな~っと思った。
今回は鹿、狐、鼠だったので、狸の出番はなかったが、
後でなんかあるかもしれないなきっと。

んで、多部未華子を動物に例えると小栗鼠か何かな感じがしていたんだが、
「魚みたいな顔」ね・・・
見れば見るほど魚だわ・・・確かにうまい事いう。
シーンと表情によって随分と可愛らしさが違って見えたのが驚きだった。
あと意外と思っていたより身長が低いのか、
ひょいっとつまめそうに見えるときもあり、
そんな新たな発見もあったりした。

しかしそんな多部未華子も剣道部のメンバーに混じってしまうと、
可愛らしさ三番手くらいにパワーダウン。
というか、意外とどうでもいい感じの剣道部員に、
藤井美菜と東亜優ってどんなリッチな起用なんだろう・・・
このメンバー抑えておくだけで1本映画撮れそうな疑惑。

その他、柴本幸のキリッとした感じの声や、
鹿担当、山寺宏一の渋い声や、
鼠担当、戸田恵子の通る声や、
ナレーション担当、中井貴一の優しい声や、
児玉清の適所にあわせた声色など、
キンキンキャンキャンしているところが全くない、
耳にも優しいドラマだった。
※一部と2部で若干変わる多部未華子の声のトーンとかは、素でやってるなら恐ろしい・・・

あと、最高に良かったのは主題歌がないこと。
コレ。
ここでしょう。
エンディングに大河ドラマ風のカッコイイ鹿の群れが、イカステーマ曲とともに流れる。
もう最高。
よっぽどの事がない限り主題歌は飛ばして見るけれど、これはもう最後までキッチリと見た。
で、次の回!
っとなる。

前から思っていたんだけど、もうタイアップとか流行らないんじゃないかな?
10年前はいわゆるベビーブーム世代が20代半ばで、購買意欲も高く、
まだネットも携帯電話も一般的に普及しているとは言い難い時代だったから、
テレビはまだまだ娯楽の王様として君臨できていた。
だから職場や学校での話題はテレビの話題が多かったりしたので、
視聴率もやけに高く、その主題歌もバカみたいに売れていて、
100万セールなんてざらに出ていた。

でも、今は娯楽の選択肢も増え、
話題も別にテレビだけじゃなくなってきて、
視聴率の平均値だって軒並み落っこちてきているわけで。
だからタイアップってったって、そんな効果があるわけじゃないと思うんだ。

だから、これを機にドラマ全体でさっさとやめちゃうべきかも。
なーんてことを書きながら考えてみた。

欲を言ったら、鼠を追い詰めるシーンで、外部からの救援よりちょっと先に、もうすこしロジカルに追い詰める方法を取れれば、なお良かったかも知れない。
でもまあ、この方がキャラにあってると言えばあってる気もするし、まあいっか。
後は、奈良・京都のお話なのに、全員標準語っていうのも勿体なかったかな?
単なる欲張りだけど・・・。


っという訳で、あまりドラマは見ないのだが、
こうたまに見て面白いとなんだか嬉しかったりするので、
ちょいちょいと思ったことを書いてみた。

≪追記するコーナー≫
最後まで見たので、それについて追記。
このドラマ、後から明かされる主要キャストの行動に殆ど矛盾がないってのがすごかった。
感情面については全く矛盾感じられず、さりげない伏線にも気を配っている感じ。
ドラマオリジナルな部分で1箇所ミスがあったくらいで、他は完璧。
※かりんとうを知らないから「ラブラブ」は報告できない

こういうのどうやるんだろうな・・・
最初に原作を読ませたか、最初から全てのシナリオを明かしたか・・・
どっちにしても、原作を大事にしたドラマつくりを心がけたな~って感じがして気持ち良かった。
このドラマは、多分またあとで見るかもしれない。

by unknown0083 | 2008-06-20 22:19 | 日記

<< 【GNO2】38Day 東アジ... 【LD】隠し砦の三悪人 >>