【映画】櫻の園 -さくらのその-  

d0057574_19505833.jpg▼動機
「ICHI」と迷ってこっちに
▼感想
これは連続ドラマのダイジェスト、もしくは予告編。
▼満足度
★★★☆☆☆☆ うすあじ

▼あらすじ
音楽学校を辞め名門女子校・櫻華学園に編入してきた結城桃(福田沙紀)。ある日、旧校舎のあかずの間と呼ばれる教室で、偶然「櫻の園」の台本を発見。かつて創立記念日の恒例となっていた「櫻の園」上演を復活させようと、桃と友人たちはこっそりけいこを始める。しかし、それを知った教師たちに上演を反対され、桃たちも一度はあきらめるが……。




▼コメント
まるで440分のシナリオを100分に縮めたような切った張った感。
最初から連続ドラマでやればよかったんじゃないかな?
そうすればこんなにスカスカな物語にはならなかったような気がする。

というか、本当は連続ドラマでやりたかったんじゃないのかな?
もしくは、もともとそっち用の企画だったとか?
なんかそんな気がしてしまうにはちょっと理由がある。

何しろ主要人物の名前に「色」の名前が入っているという仕掛けつき。
「結城
「小笠原
星真由子」
「沢みどり」(漢字は「美登里」)
「木田奈々美」(つなげると「横田」)
田真紀」 ※水田だったら名前は「まり」でしょうに・・・

毎回「色」のついたサブタイトルつけて、
各キャラクター毎に見せ場を設けて、
足りない色はスミレや紫や紺や橙を足して、 
なんて事をやっていると、ほら。
それっぽい連続ドラマができそうだ。

その他、あつらえたように季節が4月頭から6月末だったり、桃や葵など一部のキャラクターにはちゃんとした設定がありそうだったし、本当はもっと色々とやりたいことがあったに違いないという感じはした。

だから私はこの映画を
”連続ドラマのダイジェスト版”
もしくは
”来春放映予定のドラマの予告編”
そんな風に捉えることにした。
※ま、もしそうならお金とっちゃいけないと思うが・・・

d0057574_1951554.jpg
そんな訳なのだから、色々なところでスカスカ感があってもしょうがない。
なんの葛藤もなく音楽辞めようが、
姉が先生の前で急に泣き出そうが、
「ごきげんよう」と言わせようが、
劇やろうと突然一致団結しようが、
それを突然勝手に解散させようが、
急にデビル坂野が味方につこうが、
突然高山教頭が心変わりしようが、
教頭と鈴木の関係がナゾだろうが、
ダイジェスト版なので仕方ない。

そう思ったらなんだか少し楽になったような気がする。

d0057574_1952185.jpgd0057574_19522830.jpg
どうやらこの映画は主演の福田沙紀が所属する「オスカープロモーション」主体で製作された映画、という感じがする。
だから自分ちのタレントさんをどんどん投入してくる。
まあ、それ自体は別に悪いってわけではないのだが、まあ、その役が似合っているかといえば、そうじゃない人ばかりだったので困りもの。

ラストが上戸彩による主題歌だったら、
「オスカー、開き直ったw」
と思って、ちょっと楽しく劇場を後にできたと思ったのだが、そこは無難にスピッツだった。
製作サイドがもう少しプライドを捨ててくれれば、面白くなったかもしれない。


≪追記するコーナー≫
いつもより早く書くことがなくなったので、追記コーナーを長めに取ってみる。
とはいえ、感想も何もないので、写真を見ながら色々と書こうかと。
d0057574_19524445.jpg
”さきちゃんず” 桜の下で「金八先生」の思い出を語る。
実は3年B組金八先生(第7部)で競演している福田沙紀と寺島咲。
女子主役クラスだった福田沙紀と、その他大勢役だった寺島咲が、こんなところでひっそりと語り合っているのはなんだか微笑ましい。
※ちなみにみずたま役の武井咲は「えみ」と読むらしいので「さきちゃんず」には含まれません

なお、福田沙紀自身が一番ヘタだったと言っている金八先生時代の演技が、私は一番上手かったと思っている。
金八先生出身者で活躍できるのは毎年わずか3~4人。
第7シリーズは既に第一線もしくはそのわずか下あたりに、何人も排出している。
確率論から言えばかなりの狭き門だが、開始当時は上手い部類に入っていた子だけに、このまま腐ってしまうのはちょっともったいないと感じた。
d0057574_19574284.jpg
左から「赤」「青」「緑」「黄」の四人組み。
「一体何だったんだ?」の妊娠騒動だったが、これも連続ドラマでやれば1話ひっぱれそうな感じ。しかし福田沙紀がいないほうが絵的なおさまりがいいのは何故だろう・・・

d0057574_19535729.jpg
いまだにどっちがどっちだが区別のつかない二人。
劇中のセリフにもあるとおり「顔が似ている」ので最初本当に姉妹を使っているのかと思ったら全然ちがって驚いた。

d0057574_19542296.jpg
メインメンバー全員集合。
左から「緑」「水」「桃」「赤」「青」「黄」・・・役名とかもうどうでもよくなってきた。
見栄えはいいが、華のない人ばかり、と言えなくもない。
引き立て役を全うした結果なのか、寺島咲が随分とぶさいくだったのが気になった。
渡辺謙のDNAをもつ杏にとっては苦い初陣になってしまったかもしれない。
そういえばメンバーにいたはずの分厚いメガネの生徒はどこでパージされたのだろう?


▼状況
MOVIX伊勢崎にてサービスデー価格で鑑賞
▼観客
6名。(男女比2:1)

▼対象
福田沙紀が大好きという人、オスカープロモーション大好きという人向け
▼見所
驚くほど男装が似合っていた寺島咲
[PR]

by unknown0083 | 2008-11-13 19:20 | 映画

<< 【GNO2】14Day アフリ... 【GNO2】12Day アフリ... >>